じっちゃま YouTube Live Memo 2021/1/4 『1月相場への取り組み』

じっちゃま

本記事は、1/4のじっちゃまのYoutube Live『1月相場への取り組み』のメモです。

1月相場への取り組み

1月の相場は高いと考えている。
しかし、2月は経験則的に相場の流れが変わりやすい時期なので、ほどほどに強気のスタンスで良いと考えている。

ワクチンについて

新型コロナウイルスが発生した時に、最初はワクチンが完成さえすればと希望をつないでここまで来た。
そして、実際にワクチンが完成し、今、みんなが楽観的になっている。
しかし、年末までに2,000万のアメリカ人にワクチンを投与する予定だったが、現状は500万人にしか投与できていない。

ワクチン接種が遅れている理由は2つ。
1.政府が各州にワクチンを配布する際にもたもたした
2.州政府の予算が不十分で受け入れ態勢が整わなかった

また、政府はすでに生産済みで備蓄しているワクチンの55%を温存している。
これは1回目投与をした人の2回目投与分を確保しておくため。
しかし、今、その備蓄分を放出した方が良いという意見が出ている。
なぜ放出しなかったかというと、きちんとファイザー等がワクチンを増産できるか、はっきりとめどが立っていなかったから。
今は増産はしっかりとできるとわかっているため、備蓄分はおそらく放出されることになる。

ロンドンで見つかった変異種に対しても、今のファイザー等のワクチンで対応可能である。
しかし、ワクチン接種が遅れて、変異種が世界中に広まっていけば、そこから更に変異した変異種が発生する可能性がある。
そうなれば、いずれはワクチンを作り直さなければならなくなる可能性は高い。
要は、今、手をこまねいてワクチンの投与をぐずぐず遅らせていると、後で問題がだんだん大きくなるということ。

アメリカ上院議員選挙の決選投票について

現地時間1/5にジョージア州で上院議員選挙の決選投票が行われる。
11/3に行われた上院議員選挙では、ジョージア州では2議席が争われたが、両方とも共和党の候補が得票首位でリードしたが、2人とも単独過半数を獲得できなかった。
ジョージア州にはユニークな州法があり、第1回目の投票で過半数を取れなかった場合は、上位2名で決選投票をすることになっている。
今の世論調査では、民主党の候補2人がかなり票を伸ばしてきていると言われている。
そのため、1/5は大接戦になることが予想される。

今、大統領は民主党のジョー・バイデン、下院も民主党が過半数、上院だけは共和党が過半数。
決選投票で民主党が2議席とも取った場合、上院も民主党が過半数、つまり『ブルーウェーブ』になる。
ブルーウェーブになった方が法案は通りやすくなる。

トランプ大統領のやったトランプ減税は5年間の時限措置だが、これを延長するには過半数の賛成でよい。
国の予算に大きなインパクトを与える法案は、上院は過半数ではなくスーパーマジョリティの賛成が必要になる。
トランプ減税自体はスーパーマジョリティーが必要な法案だが、その延長に関しては過半数で良いといわれてきた。
ジョージア州の決選投票で民主党が2議席とも取った場合には延長されない。
延長されなかった場合にダメージを被るのは、大企業や富裕層のみ。

マーケット概況

10年債利回りが少し下がってきている。
株式の投資家は、ワクチンが完成したのでこれから景気は良くなると考えている。だから相場も高い。
しかし、10年債利回りを見る限りでは、債券投資家はそうは考えていない。
株式投資家と債券投資家の間で考え方にチグハグがあるが、基本的に正しいのは債券投資家
そうすると、これから景気はちょっと弱くなるのではないかと考えている。

S&P500のEPSコンセンサス予想は1月にぐっと下がりやすいという習性がある。
新年を迎えると、アナリストも新たなスタートとして、自分のレポートを再点検し上げすぎたものは引っ込めるから。
20年から21年にかけてのEPS成長率は約21%というコンセンサスになっているが、これは過去最大級の変化率。
そのため、今年は例年より更に下がるかもしれない。

勉強になったQ&A

『ブルーウェーブ』になった際の立ち回り

大統領・上院・下院も民主党のブルーウェーブになった場合、アメリカ人は極端を嫌うため相場は下がる。
立ち回りとしては、ポートフォリオのリスクを少し下げるとよい。
具体的には、次のETFを加えるとよい。
⇒VTI、PFF、VYM、HYG (PFF、VYM、HYGの中ではPFFが1番おすすめ)
ただし、ブルーウェーブになったとしても、それよりも重要なことは『決算』

1月効果でどれほど上がるか

1月効果は1月15日ごろには終わるもの。
そもそも 「Dead Cat Bounce(=死んだ猫でも高いところから落とせば弾む)」と呼ばれるもののため、上昇期待はほどほどにした方が良い。

ロケットカンパニー(RKT)について

・コンセンサス予想で21年の営業利益が下がっている理由は、住宅ローンビジネスはシクリカルなビジネスだから。
その年の業績が良ければ、翌年は下がるとアナリストが考えるのが常。
足元は活況であるため、下げる要素はない。

・RKTの収入源としては、オリジネーション・フィー(=マイホームを買いたい人に対して住宅ローンを組んであげることに対する報酬)が一番大きい。
リスクマネジメントの観点から、組んだ住宅ローンをずっと持っておくことはしない。
月々の返済が滞るリスクを持ちたくないため転売を行う。
転売をする時は利ザヤを抜くという意図はなく、リスクを下げることが目的。
RKTのビジネスはボリュームビジネスであるため、ボリュームが重要
今、ボリュームはすごく良い。

だから21年のどこかで株価は急騰すると思う。

シクリカルな商品のサイクルを知る方法は?

一般論で、シクリカルなもののサイクルを知りたければ、そのビジネスに参入するのに要する準備期間を考えればよい。

VALEなど資源のサイクルは短くても3~5年。
タンカーを用意するには、発注をしてから2年ぐらいかかってやっと完成する。

チキンはサイクルが短い。鶏はポコポコ卵を産み、あっという間に成長するから。
一方、ビーフはチキンよりも長い。ビーフのビジネスは、参入してからサプライできるようになるまでに時間がかかるから。

1月にコンセンサス予想が下がりやすい理由

基本的にコンセンサス予想は決算発表を受けて変更されるもの。
1月にコンセンサス予想が下がる傾向があるのは、これとは別の理由。

アナリストは新年を迎えたら、心機一転自分のリサーチレポートを再点検し、高すぎる予想は引っ込める。
投資家がアナリストの書くリサーチレポートをベースに、それが当たっていたかどうか精査するため、アナリストはきちんとしたEPS予想の数値を出さないといけないから。

一般的に、アナリストはアウトイヤー(次の年以降)になればなるほど楽観的なEPS予想を発表する習性がある。
その修正が1月に入りやすい。

SPACの買いタイミング

買いポイントは2回ある。

1回目は買収発表の直後。
買収決定した際は、その詳細のプレゼンテーションが行われる。
そのタイミングで株価が上昇するので、ここが買い。

2回目は株主投票で承認が得られ、買収が完了し、社名・ティッカーシンボルが変わるタイミング。
このタイミングで1回目の上昇の利確売りがあり、株価が底をつけたポイントが2回目の買いポイント。
注意点としては、2回目の時には、S-1などにしっかりと目を通し、ちゃんとした企業かチェックする必要がある。

シクリカル銘柄の投資判断

シクリカル銘柄は決算があまり参考にならない。なぜなら、ゼロ成長業種である場合が多いから。
投資家は業績が良くなりそうだなという予兆が見えた時点で買い進める。
そして、業績が良くなった時点では売ることを考えないといけない。

株式投資家と債券投資家で見通しがチグハグになっているのはなぜ?

10年債利回りと株の動きに連動性が見られていないのは見通しが違うから。

株式投資家は主に個別株を見ている。
一方、債券投資家はマクロ環境を見ている。
だからずれが生じる。